次世代住宅ポイント制度

次世代住宅ポイント制度とは?

2019年10月の消費税率引上げに伴い、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、税率引上げ前後の需要変動の平準化を図るため、税率10%で一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度が創設しました。

ポイント発行の対象は?

「環境」、「安全・安心」、「健康長寿 ・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象です。

契約及び引渡し

・注文住宅及びリフォームの場合
2019.4~2020.3に請負契約・着工をし、かつ2019.10 以降に引渡しをしたもの
(2018.12.21~2019.3に請負契約を締結し、着工が2019.10~2020.3となるものは特例的に対象となります)

期限

・ポイント発行申請の期間は2019.6 ~2020.3.31となります。
・ポイントの商品交換申請の期間は2019.10~2020.6.30となります。

 住宅の新築(賃貸を除く) 上限35万ポイント

・以下のいずれかに適合すれば30万ポイント

  1. エコ住宅 (断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす住宅)
  2. 長持ち住宅 (劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)
  3. 耐震住宅 (耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
  4. バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

・この他一定の優良な住宅の条件を満たせば5万ポイント加算

・また家事負担軽減設備や耐震性のない住宅の建替でもオプションポイントが付与されます。

住宅のリフォーム(貸家を含む)上限30万ポイント

・以下のリフォーム工事を行えばそれぞれのポイントが合計されます。

  1. 窓・ドアの断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  3. エコ住宅設備の設置
  4. 耐震改修
  5. バリアフリー改修
  6. 家事負担軽減に資する設備の設置
  7. 若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム工事 等

・また若者・子育て世帯によるリフォームや一定の既存住宅の購入に伴うリフォームの場合は上限が引上げられ最大上限60万ポイントとなります。

新築・リフォームとも、合計ポイントが20,000ポイント/戸未満の場合はポイント発行申請ができません。

詳しく知りたい方はお問い合わせいただくか次世代住宅エコポイント制度のホームページを御覧ください。

コメント